下処理済みの鱧を買えば、家でも簡単に鱧吸いができます。夏バテ解消にも◎


  • 鱧吸い(鱧のお吸い物)
  • 和食


夏の和食の定番、鱧。
京都の祇園祭、大阪の天神祭にもには欠かせない魚と言われています。


近所のお魚屋さんで、新鮮な鱧が並んでいたので今日は鱧吸いです♪

よく、「旬の物を食べると元気になれる」といいますよね。
旬の物には栄養素が豊富に含まれている為にそのように言われているのですが、
自分が料理するようになってからは、そういう事もかなり意識するようになりました。

その季節ごとに、季節素材を料理して食べる、食べてもらう。
シンプルだけど、料理には意外と深~いメッセージが込められていたりします。


鱧を買うときは、頭と骨がちゃんと付いているものを買いましょう!
この頭と骨がお吸い物のとっても良い出汁になります。

骨と頭に塩をしてしばらくおき、熱湯のさっとくぐらせ冷水に取り、ぬめりや血合いをキレイにとります。
身の部分は塩をふり、食べやすい大きさに切ってから沸騰させた出汁にそっとくぐらせ、椀によそう。
火を通しすぎないように注意!
そのスープに鱧のあらを入れてダシを取り、酒・塩・醤油で味を調え、スープも完成。


私はこのスープに大葉を投入(火を止めてから入れましょう)します。
大場の良い香りと、鱧の旨みがしっかり出たスープ。
暑い夏にもぴったりのお吸い物です。


夏鱧には脂も乗っているので、身もふんわりして美味しく食べられます!
夏鱧は滋養に良いと言われているので、夏バテ解消にも◎!

「鱧吸い」なんて聞くと、かなり手が込んでいるかのようですが、
ご覧の通り、下処理済みの鱧さえあればとっても簡単にできるので、
この夏、是非試してみてください。