究極のパワースポット!大神神社

  • パワースポット
  • 大三輪神社
  • 交通:JR三輪駅より徒歩5分
         桜井駅(JR・近鉄)よりバス「三輪明神参道口」下車 徒歩10分
         西名阪自動車道 天理インターより車で20分


ストレス社会で働く女子はきっと多いはず!癒しを求めるそんな人にお勧めな日本最古の歴史ある神社、
大神神社へ行ってきました。大物主大神(おおものぬしのおおかみ)が祀られています。


日本一大きな鳥居がお出迎えです。


本殿をもたず、三輪山自体を神体として仰ぎ見る古神道(原始神道)の形態を残している神社だそうです。
つまり、昔ながらのスタイルってことですね。


ちょうど「夏越し茅の輪」という、日々の生活の中でしらずしらずのうちに身についた罪穢れを茅の輪をくぐることで祓い清め無病息災を祈るという神事をやってました。(6/16~7/11まで)一応こういうのはやってしまうタイプなので、くぐってきました。身も心も清められたかな?!


この拝殿の裏にある三ツ鳥居は、神聖な場所のため、撮影禁止になっているスポット。この場所にサントリーの創業者・鳥井信治郎さんが訪れた時に、会社名を「サントリー」に決めたとされているんだとか!



大神神社の大物主神は蛇神であるので、拝殿や「巳の神杉」などの前には蛇の好物である卵やお酒が供えられています。「巳の神杉」には実際白蛇が住んでいるそうで、うちの祖母はこの「巳の神杉」で二回も白蛇を見たことがあるっていってました。

白蛇は卵を丸呑みするため、願いも丸呑みしてくれるという意味で、この白蛇を見れたいいことが起こる前兆っていうジンクスがあるんですよ~!


手水も蛇の形してます。


こんなところに三島由紀夫の記念碑。三島由紀夫の長編小説『奔馬』(『豊饒の海』第2部 新潮文庫)に、この神社が登場するそうです。へ~!!


歩き進んでこの階段を上っていくと…


狭井神社につきます。厳かな雰囲気!
この裏には薬井戸があり、三輪山から湧き出ている御神水を飲むことができます。病気に効くと言われていることから、このお水を持って帰る人がたくさんいます。昔と違ってかなり整備されていてきれいになりました。


狭井神社の隣には登山口があって、登山できるんですよ。でもかなり神聖な場所のため、
山に入るには
・山内の飲食、喫煙、撮影は一切禁止
・3時間以内に下山
・お祓いを受けた後、お札をつけておく
・山内の一木一草まで一切伐採禁止など、厳しく制限されています。
ちなみに私は何回も訪れている割には一回も登ったことないんですよね…。一度は登ってみたいな。


なでウサギ。うさぎ年だから?!あるの知らなかった!顔がちょっとリアル…。でもせっかくなので撫でて帰りました。いいことあるといいな~!


大神神社は森林浴もできてスッキリするので、息抜きにはおすすめスポットですよ。たっぷり癒されたのでまた明日からがんばるぞ~!!