目標を失った若者が葛藤しながら自分の進む道を探す物語。



劇団☆新感線2011夏興行、「髑髏城の七人」を見てきました!もう…すごく良かった!!期待以上でした。

コチラの作品、なんと1990年の初演以来4回目の上演になるのだとか。それだけ人気のある作品なんです。今回のキャストがまた凄くって、小栗旬、森山未來、早乙女太一、小池栄子、勝地涼、仲里依紗など若手実力派俳優さんがたくさん出てました!なかなかこの面子がそろうのはすごいですよね。彼らの演技に引き込まれて時間がたつのがあっという間でした。



時代物のお話で、織田信長の側近だったという役を小栗旬、森山未來、早乙女太一が演じていています。三人の目標とする織田信長がなくなった後、一旦バラバラになり再び偶然にも三人が交わり合って三者三様の進む道を描いている作品なんですが、音楽、迫力ある立ち回り、ストーリー、鳥肌ものでした。
何より、森山未來と早乙女太一の立ち回り!息を呑む迫力ある演技!!!圧巻でした。過去にとらわれすぎてはいけない、力強く生きることを強く描いた作品だと思います。

笑いあり、涙あり、そして音楽も美術も楽しい活劇、見る機会があればぜひ見てほしい作品です!!おすすめです☆

髑髏城の七人