日本の生活和骨董専門店、年代物の和食器4000アイテム!


  • Pro Antiques”COM”
  • 住所:京都市中京区三条高倉上がる京都文化博物館前
  • 営業時間:正午12:00~21:00
  • 定休日: 毎週水曜・火曜不定休
  • tel/fax :075-254-7536
  • web shop


pro antiques“com”は明治期の町屋をリノベーションした店舗が魅力的な日本の物を扱うアンティークショップ。辺見えみりさんが以前テレビで紹介されてて気になってたお店なんです。
一階は食器、二階は家具が置いてあります。こじんまりした店内には器やお皿、ランプなどがところ狭しとぎっしり!!(店内は撮影禁止なので紹介できないのが残念!)



商品は、明治~昭和にかけての器やお皿などテーブルウェアがメインです。レトロなんですが、それが逆に斬新で素敵です。食器として使ってもいいけど、アクセサリー、小物入れとして使えそうなものもいっぱいありました。

気にいって衝動買いしたお皿。



プレスプレートといって型版でガラスをプレスして作られたお皿です。完璧じゃない、トロっとした質感で味がありますよね。英語でSmall gains bring Riches in(塵も積もれば山となるという意味が近いのかな?)って書いてるのが珍しくてかわいいでしょ?!これは明治時代に作られたものでこの小さめサイズは珍しく数もあまり取扱ってないそう。たまたま今日店頭に並べられたみたいでした。かわいく並べられてて乙女心わしづかみされてしまいました(笑)



もうひとつはコレ。漆器の柄にも使われている柄が、ガラスの器に!おばあちゃんの家にありそうな懐かしい感じがしていいですよね~。それぞれの時代の異なる風合いが見ててあきません。いろいろ集めたくなります。

梱包はこんな感じにしてくれました。



商品はこんなガラスのお皿の他にも漆器や磁器、土物など4000アイテムぐらいあるそう。だいたい土曜日にオーナーさんが商品の値付けをされるようなので土曜日に行くのがオススメのようです。webshopもありますが数が少ないものは店頭でしか見れないですし、見てるだけでも楽しいのでお気に入りの器探しにいってみてください!